節分を知ろう。

こんにちは。こんばんわ。きららです。
昨日は節分でしたね。
恵方巻き、食べましたが?
うちは旦那さんが仕事で日付をまたいでしまったのですが、一緒に南南東の方を向いて食べました。
かなり大きな恵方巻きを作ったのですが、そのせいで黙っていられなくてずっとけたけた笑ってしました、、、
笑う門には福来る、ということでよいかなってことにします。

そんな感じで今日の記事執筆をしました。
お題は、レスポンシブデザインについて。
モバイル重視の世の中になってきている今、レスポンシブデザインを採用しないとモバイルでWebサイトを見ているユーザーは離れていってしまいます。
情報量がめちゃくちゃに多い中で、瞬間的に内容を理解できないコンテンツは、離脱の原因になりやすいからです。

では今日のきららの気になりポイント。

節分と恵方巻きの由来。

節分は昨日だったんですけどね、こういう伝統的な由来は日本人としてやっぱり知っておきたいなーと。
こういう伝統行事がある日は献立も自ずと決まってくるので、毎日料理をしている主婦の方とははありがたいですよね。
伝統が大事というか、献立に悩まなくていいなんて!っていう。
まあでも伝統も大事なので、由来は知っておきましょう。


まずは節分の由来。

節分とは「季節を分ける」日を指すもので、もともとは1年に4回、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日にありました。
その中でも立春は1年のはじまりとして得に尊ばれたため、節分といれば2月3日、という習慣になっていったそうです。

節分の恒例行事といえば豆まきですが、これは中国の習慣が伝わったものとされています。
由来は諸説あるのですが、以下4つが有力説のようです。

・豆は「魔滅(まめ)」を表し、無病息災を祈る意味があるためにまく。
・昔から米や豆には邪気を払う力があるといわれていて、その力で鬼を追い払う。
・昔、京都の鞍馬山近くの鬼が村人を困らせていた時に、毘沙門天からのお告げで豆をまくように言われた。
・鬼が暴れているときに鬼の目に豆を投げたら、鬼退治ができた。

ちなみに、豆は必ず炒った豆を使うことになっています。
「炒った→射る」を表していて、「魔滅」を「射る」という意味になるからです。
日本語遊びのようなお話ですが、全てに意味があるとわかると、昔の人の言葉に対する思い入れの強さを感じることができますよね。


豆まきの正式ルール。

調べていると、豆まきにも正式なルールがある、ということでした。

夜に家族全員がそろってから。

鬼が出るのは、真夜中です。
なので暗くなってから、夕食後とかに家族そろって行います。

まく豆を神様にお供えする。

炒った豆は、2月3日の朝に枡にいれて神様にお供えをします。
神棚がないなら、部屋のなるべく高い所に置いておくとよいそうです。
枡がなければ、紙で箱を折るのもあり。

豆まきをする人

豆まきをする人も実は決まっているそうです。
みんなで投げればいいってものじゃないんですね。
豆まきをするのは、一家の主人か年男または年女だそうです。

まあでも豆まきは、厄払いと一家の健康を祈る、という儀式ですので、家族みんなで巻いても問題ではないそうです。

「鬼は外!」「福は内!」という。

これはみんな知ってる掛け声ですね。
ちゃんと言いましょう。
個人的には、豆がぶつかったら鬼も痛そうだしちょっとかわいそう、、と思ってしまうのですが、旦那さんに昨日相談したら「鬼は豆が当たってもそんなに痛くないから大丈夫」って言われました。

豆を食べる数。

豆まきが終わったら、自分の歳よりも1粒多く豆を食べます。
そういえば小さい頃、わたしは炒った大豆がとても好きでやたらとたくさん食べていました。。
ちなみに豆好きなのは今でも変わりません。


では次は恵方巻きの由来。

恵方巻きという名称は、1998年にセブンイレブンが全国に広めたそうです。
まさかの販売戦略だったとは。。今では当たり前のように使われている言葉ですよね。
昔の文献などを見ても「恵方巻き」という言葉は出てこなくて、それまでは「幸運巻き寿司」「節分の巻き寿司」などという名称で呼ばれていたそうです。

中に入れる具材は決まってはいないものの、七福神をイメージして7種類の具材を入れるのが通例だそうです。

巻き寿司を食べることがいつから始まったのかは、定かではないそうですが、江戸時代くらいからじゃないかな〜〜ということみたいです。
諸説あるものの、どれもかなり信憑性が低いようなので、ここでも得に記載しないでおきます。


恵方巻きがセブンイレブンの販促の一環だったのはちょっと衝撃でした。
バレンタインデーやホワイトデーのような習慣だったんですね。
発祥はいつだかわからないものの、恵方巻きを食べる習慣は昔からあった、ということなのでちょっと安心しました。

昨日は旦那さんの仕事が遅くまであったので、騒がしくするのも近所迷惑になっちゃうので豆まきをせず。
日にちはずれちゃうけど、週末にでもしようかなーと思います。

豆まきをするときに鬼役とかを建てる場合は、思いっきり投げるとけがしちゃうので注意しましょうね。


締め。

うちの恵方巻きは、旦那さんのリクエストで洋風に仕上げました。
生ハムとかチーズとかバジルとか。
これはこれでおいしかったです。
それよりも、豆食べたい!
ではまた明日。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事