水没iPhoneが蘇る裏技。あとやっちゃダメなこと。

こんにちは。こんばんわ。きららです。
今日は昨日までの天気と一変して、晴れて暖かくなりましたね。
洗濯しないと!
天気がいいと、気分も晴れやかになっていいですよね〜〜。
春がそこまで来ている気がします。

そんな感じで今日も記事執筆をしました。
お題はデザイナー向けのツール紹についてです。
ツール紹介は、デザイナーの岡村さんから教えていただいたものなどを中心に書きました。
書いていて、どれもかゆいところに手が届く便利なツールばかりで、これ知ったらみんなうれしいだろうなー!というものばかりでした。

では今日のきららの気になりポイント。

水没iPhoneを生き返らせる方法。

突然ですがiPhone、水没させたことありますか?
わたしはあります。
あれは3年くらい前だったかな、、、料理をしながら友達と電話をしている時に、外の大きな物音にびっくりして電話を落としてしまいました。シンクの中に。
友達はびっくりしたでしょうね、、、話してたら突然がっしゃーんっという音とともに電話が切れてしまったので。。。
iPhoneをすぐに救出したのですが、水でびしょ濡れでした。
その時に、駄目元でやった方法を書こうと思います。
なお、必ず復活するとは限りません。
復活しなくてもわたしは「あらまー残念だったね、、」としか言えないこと、ご了承ください。
あと、濡れた電子機器を無理に分解したりすると危ないので、早めに修理に出しましょう!


必要なもの。

・SIMカードを取り出す針状のもの(iPhoneを購入した時の箱のなかにも入っています)
・ジップロック
・キッチンペーパー
・輪ゴム
・お米(炊く前のやつ)


復活祭。

まずは濡れたiPhoneをティッシュでもなんでもいいので拭いてください。
このとき、ケースからは外してください。
拭いたら、電源を落としてSIMカードを取り出してキッチンペーパーで包みます。
取り出したSIMカードはきちんと拭いて、乾かしてください。
iPhoneのキッチンペーパー包みができたら、ジップロックの中にいれます。
最後に、ジップロックの中にお米をいれます。
iPhoneのキッチンペーパー包みが見えなくなるまで入れてください。

これで3〜4日放置します。
すると、お米は湿気を吸ってiPhoneを乾燥させてくれます!!!
乾燥させたら、電源を入れます。
入ったらすぐさまバックアップを取ってください。
バックアップを取ったら電源を落として修理に持って行きましょう。


やっちゃいけないこと。

iPhoneが水没したときって慌てますよね。
でもちょっと待って。
慌ててこんなこと、しないようにしてください。

・電源を入れる
水没した時に電源がついたままなら上記の方法で落とせばよいのですが、電源が落ちてしまった時あわてて「あら!生きてるかしら!」と電源を入れようとしてはいけません。
内部の水が入っているので、ショートしたりします。
危ないので、絶対ダメ。

・ふる。
iPhoneを振る!
これもよくやりがちなやつです。
「水気を取る=振る」というイメージが定着しているゆえだと思うのですが、振ってしまったら内部の被害を受けていない部分にまで水が侵入する可能性があります。
被害が大きくなるだけなので、絶対ダメ。

・電子レンジでチン。
チンすれば水分が飛ぶ!!
その気持ちはよくわかります。
でもちょーっと落ち着いて考えてみてください。
壊れますよね。
チン、とともに、バーン、という音がなります。
これも危ないし水没以上に壊れるので、絶対ダメ。


スマホはわたしたちの生活の中で欠かせないものになっているため、水没させてしまうとめちゃめちゃ焦りますよね。
わたしもかなり焦りました。
でも上の方法で乾燥させたら復活して、なんと奇跡的に修理に持っていっても、修理の必要がないまま異常なく使えるようになりました。
ただこれはほんとうに奇跡だと思うので、必ず修理にもっていくようにしましょう。

締め。

今日で25歳になりました。
どうやら顔が幼いらしく、年齢と顔が一致しないのですがもう四捨五入するとアラサーなのか!とびっくりです。
わたしの知ってる25歳ってもっと大人だったような。。。。
なんとも言えない気持ちになりますが、人と比べてもしょーがないので、これからも我が道を進んでいこうと思います。
今日メッセージを下さったみなさん、ありがとうございました!
またゆっくりお返事させてください。
ではまた。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事

この内容で送信します。よろしいですか?