フェレトコくんRT企画の結果と反省。

こんにちは、こんばんわ。きららです。
基本的にこのブログは出勤日のみの投稿なので、土曜に更新があることにびっくり、、という方もいらっしゃるかもしれません。
わたしは、4月7〜8日にかけて、わたしのTwitterでRTをお願いしていました。
その振り返りをしておこうと思います。

内容はこちら。

このツイートが1日半で100RTされたら、ferretの公式キャラに認定してもらえる、という企画でした。
引用RTやいいね!は数にいれず、純粋にRTのみで100RT。
ちなみに100RTいかなかった場合は、さようなら、ということで灰皿とかの上で燃やされることとなります。。。

結果。

結果、66RTでした。
100RTあれば公式キャラに認定してもらえる、、、!ということで、しつこいくらいにRTをお願いしまくっていたのですが、100には届きませんでした。
ということで、月曜にはさようならです。
それでも、66RTもしていただけたこと、ほんとうにうれしく思っています。
RTしてくださったみなさんを紹介したのですが、鍵アカウントなどもあるのでここでは省略します。
RTしてくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。


始めたきっかけ。

最初は、ferretのTwitterアカウントのキャラクターの、フェレットくんがあんまりかわいくなくてファンがつきにくいよねーという、ferretチームでの雑談からはじまりました。
(Twitterアカウントはこちら▶︎ferret(フェレット)君

それなら、わたしが絵を描きます!と言って描いた絵がフェレトコくんです。
立ち位置としては、フェレットくんのいとこ、ということにしてみました。
フェレット+いとこ=フェレトコくん。

このブログを見てくださっている方ならご存知のように、いつもの絵のかんじで描いてみました。
ポ◯タくんみたい、とか上を向いたぶた!とか、たぬき!とか、、、みなさんいろんな表現をしてくださって、一応本人としてはフェレットのつもりなのですが、そういったフィードバックが実はこっそりうれしかったですw

で、描いた絵をTwitterにアップしたのですが、先輩のみずおさんから「100RTあったら公式キャラに認定するよ!」と言われたため、このRT企画を始めました。


やっていく中で。

最初は遊び半分で始めた企画なのですが、どうせならほんとうに100RTをめざしたい!と思って、TwitterやFacebookで呼びかけをしました。
あとどれくらいの時間で、どれくらいのRTが必要なのかを明記して、お願いします。。!とつぶやくことはもちろん、会社の人にも直接お願もしました。
RTの先にferretユーザーを増やしたいという気持ちもあったので、ユーザーになりそうな友達や知り合いにも、もちろんお願いしました。
ご協力ありがとうございます。

そしてこれに応えてくださった方が、66人もいたことにほんとうにびっくりしています。
引用RTやいいね!なども合わせると、結構な数の方が応援してくださいました。
中には「いつもブログ見ています」とか「がんばって」「大好き」などの応援ツイートをくださる方もいて、すごくうれしかったです。
一部紹介しておきたい。。。!


うれしい限りです。涙がでる!!!


つい先日、いいたかさんが新卒の子たちに向けた研修の中で「いい記事とは」について「まずは人の目に触れること」とおっしゃっていました。
これはわたしも、まずは多くの人にシェアなどをしてもらって少しでも多くの人の目に触れることが、その記事の価値を決めていくのだと思います。
フェレトコくんも、すこしでも多くの人の目にふれて応援してもらえることで、その存在意義(こういうとなんだか壮大に聞こえますねw)が生まれました。
そして少なからず、RTしてくださった方はわたしのアカウントからferretに興味を持ってくれていたら、、と期待しています。

今回の企画は記事ではありませんが、少しでの多くの人がわたしのアカウントを通してferretを知ってもらえるきっかけになっていたらいいなーと思う次第です。


目標に達成しなかった理由。

66RTもいただいてほんとうにありがたいのですが、目標は100RTだったため、フェレトコくんはこれでおしまいです。
ここははっきりさせておきたい。
目標を達成できなかった、という事実にはかわりないので。。
達成できなかったことをあいまいにするのはよくない。

目標を達成できなかった理由として、いくつか考えられることがあります。


・RTしてもらいたいツイート内で説明が足りなかった。

当初こういう企画にするつもりなく投稿したツイートだったこともあって、ツイート内容を見ただけではなんのことがぱっとわからない、という問題はありました。
ツイート内容がもっと端的にわかりやすいものだったら、RTされやすかったのかもしれないなーと思います。

これはTwitterに限らず、いつも自分が業務で記事を書くときもそうなんだな、と実感しました。
伝えたい相手にこちらの意図をわかりやすく伝えること、そしてそれがほかの誰かにも教えたくなるような内容の濃いものでなければ、ただの自己満足に終わってしまう。
「自分がどうか」ではなくて「伝えたい相手にとってどうなのか」という記事を書かないと、誰の心にも響かないことを、改めて実感しました。


・呼掛け不足。

RT企画を始めることになってから、その裏側でferretを知ってほしいという気持ちがあったので、先に書いたようにferretのユーザーになってくれそうな人にしか呼びかけをしませんでした。
でもこれって、よく考えたら勝手にわたしが「この人はferretのユーザーにはならない」と判断しているだけで、実はそうではなかったのかもしれません。
ferretにもペルソナはあるので、ペルソナに沿ったメディア作りをしているのですが、それはそれとしてこういった面白系の企画で認知度を上げようとするなら、勝手にこちらが相手を見極めるのは傲慢なのかもしれません。
そうではなくて、わたしがライターをやってるメディアなんだ〜というかんじでもっとフランクに周りに言うべきだったのかもしれない。

ペルソナを決めることはもちろん大切です。
そうじゃないと軸がぶれぶれになっちゃう。
でもそれはそれとして、ペルソナに固執しない柔軟な考えも持っていなきゃいけなかったなと思います。


・影響力不足。

これを言ってしまったら元も子もないところもありますが、簡単な話、わたしの影響力不足もあります。
例えばもしも同じことを、いいたかさんがやったとしたら?
おそらく余裕で目標を達成しています。
それはいいたかさん自身が、影響力のある人だから。
これはすぐにどうこうできる話ではありません。
ただ自分の影響力というのが、どこまで広がるものなのかを実感することはできました。
目標を達成できなかった、つまりまだまだ全然足りないということ。
ライターとして、メディアの運営サイドとしてなにかを発信する側でいる以上、もっともっと自分に影響力をつけていかなきゃいけない。。。
まだいまはわたし個人、ではなくて、ferretという鎧があるからなんとかやっていけているのだと思います。
こればっかりは、今日明日でどうにかなるものじゃないので、くさらず地道にコツコツと発信し続けていかなきゃなーと思います。


締め。

今回遊びで始めた企画だったのですが、学ぶところも多かったなというのが率直な感想です。
そして、目標に対して貪欲になることを再認識できたところもあります。
わくわくしてやることは、その道程がしんどいものでもおもしろい。
ferretで記事を書くときも、改めてこういう気持ちを忘れないようにしたいなと思いました。

まあどうせなら、フェレトコくん、キャラ化したかった。。!
しかししょーがないのはしょーがない。
またなにかしらの形でリベンジします。

繰り返しになりますが、ご協力いただいたみなさんありがとうございました。
そして、この機会にferretも見ていただけたら嬉しいです。
ではまた。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事