流星群と広告のお勉強をしましょう。

こんにちは。こんばんわ。きららです。
なんだか天候が変な感じですね。あつーって思ったらいきなり大雨降ってきたり。
わたしの体調も変な感じです。うー。
そういえば昨日サムネイル画像でferretのアイコン欠いたのですが、いつもの青ペンだけじゃなくて蛍光ペンも使ったので、色がある!と突っ込まれました。
ほんとうは青ペンオンリーを貫きたいけれど、ferretのアイコンとなるとそうもいかないのでね〜。

世間はお盆休みですね。
ベーシックではお盆休みは特にないので、通常運転です。
でも夏休みをとってる人が続々と増えてきて、なんとなく会社に人がいません。
わたしは彼氏と同じタイミングで9月に夏休みをとるので、まだまだだなあ。

そんな感じで今日も記事執筆をしました。
今日はLINEをビジネス活用するときに参考にしてほしいシリーズ(シリーズではないけれどね)です。
LINEってほんとうにすごいですよね。
世界中にユーザーがいる。
わたしはLINEが流行りだしても、SMS派だったのでずっと使っていませんでした。
でもなんだかんだ今はLINEが主な連絡手段です。
こうやって時代という大きな怪物ににのまれていくのかー。なんちゃってw

では今日のきららの気になりポイント。

Webでマーケティングをする時に押さえておきたい知識まとめ。

今日は、Webでマーケティングをする時に押さえておきたい知識を簡単にまとめようと思います。
いやいや他にもあるでしょ、って思われる方もいると思いますが、すごーくざっくりなので大目に見てください。
他にもこういうのあるよ!っていうのを教えてくださる優しい親切な方はぜひ、メールやTwitter等で教えていただけるととってもうれしいです。


・SEM

SEMとは、サーチエンジンマーケティングのことを指します。
検索エンジンか自社サイトへの訪問者数を増やすためのマーケティング方法のことです。
細かく言うと、検索エンジンから自社サイトを訪れる人は、サイト内で扱っている内容に興味関心がある可能性が高いので、獲得が比較的可能な優良な見込み顧客と言えます。
この見込み顧客の獲得数をより増やすためのマーケティング方法がSEMです。

SEMを利用して行われる広告が、リスティング広告です。
ユーザーの検索結果に連動して表示されます。

また、サーチエンジンでの検索結果の掲載順位をあげる工夫や手法のことを、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)と言います。


・ディスプレイ広告

ディスプレイ広告には、バナー広告、リッチメディア広告、テキスト広告、インターネットCM動画広告などがあります。
リスティング広告は現在市場が厳しくなってきていることや、インターネットユーザーの増加などで成長市場であることなどから、最近注目されている広告です。
ディスプレイ広告を使用するメリットは、サイト内でも目につきやすいので認知度が高まることや、種類がたくさんあるのでアプローチ方法が様々であることなどがあげられます。
デメリットは、費用が比較的高めであることが主として挙げられます。


・アドテクノロジー

アドテクノロジーとは、ネット広告に関連するシステムのことを指します。
ネット広告をより効率的・効果的に出稿するための、主にメディア、広告配信、効果測定に関する技術のことです。

メリットは、広告主は効果測定ができるので、広告出稿の最適化がしやすいこと。
メディア側は、広告掲載場所の価値が高まって多くの広告主が集まり、収益が増加します。
ユーザーにとっては、より優れた広告が配信されることで、有益な広告を見ることができます。
デメリットは、リターゲティングがメインになるので、新しいことに踏み出しにくくなりがちなことです。


・SNS上での情報拡散

SNS上で情報拡散をすると、バズると多くの人に認知してもらえるというメリットがあります。
一度バズると非常に早いスピードで勝手に拡散されていくので費用を抑えたまま認知を高めることができます。
また、効率的にファンを増やしやすいこともメリットです。
ファンができるとどんな層に、どのような内容で訴求すればいいのか、実際に見えてきます。

デメリットは、バスるためには多くの人の興味関心を引く内容にしなければならないことです。
バズる、といってもなかなかそう簡単にはいきません。
また、見るだけで終わってしまって、CVに必ずしもつながるかと言えばそうではありません。
不利益な情報や悪質な情報も拡散されやすいこともデメリットです。
信憑性が低い内容や、企業イメージを傷つける内容でも、簡単に広まってしまいます。


・動画広告

バナー広告やリスティング広告など、ネット上で特に大きな動きをしない静止広告と、動きや音声のあるTVCMが融合したものです。
2017年には640億の市場になるとも言われている、今注目の広告の市場です。
動画を直接クリックしたり、動画終了後にリンクを表示することでユーザーを誘致します。

メリットは、ターゲットを絞ることができるので、費用対効果が高くなることや、音声や動きでプロダクトの魅力を伝えることができることです。
TVCMのように時間制限がないためブランディング効果が高いことも特徴です。
デメリットは、ページが重たくなってしまうこと。
動作が遅くなるので、興味がなければページごと閉じられてしまう可能性があります。

ざっとまとめてみました。
これらの中にも細かく分類される広告の種類はたくさんあります。
一言で広告、といってもいろんな種類があって、それぞれの役割だったり、期待できる効果だったりが異なるのっておもしろいですよね。

締め。

また今日からサマーインターンが始まりました。
担当している新田さんがその様子をブログで書いているので、ぜひ見てみてください。
▶︎サマーインターンが始まりました!(第1回レポート)
今夜は流星群が見れるらしいです。
流れ星がいっぱいってことは、お願いごともいっぱい考えといたがいいのかな。
一個を何回もお願いしたがいいのかな。
お星さまたくさん見れますように。
ではまた明日。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事