小さなチーム、大きな仕事。

こんにちは。こんばんわ。きららです。
今朝はそんなにいうほど寒くなくて、なんだか気持ちのいい天気でしたね。
ただもう出勤の電車がすごい。
人いっぱいだし、けんかしている人いるし、、、。
朝からお疲れ様です。。

そんな感じで今日も記事執筆をしました。
お題は就活生に向けた記事。
就活生の方はそろそろ本格的に取り組みはじめているんじゃないかなーと思います。
もう自分が就活した時から2年たつのか、、と思うとなんだか時間がすぎるのはほんとうに早いものですね。
ということで、就活生が気になるであろう、面接で役に立つコツを紹介する記事にしました。
これって、就活の時だけではなくて社会人になっても役に立つ内容だと思うので、就活時に学んだことはちゃんと覚えているようにしましょうね。

では今日のきららの気になりポイント。

小さなチーム、大きな仕事。(前半)

飯高さんにすすめられた本なのですが、内容がめちゃめちゃ濃かったので2回に分けようと思います。
いつもどおり、メモしたいところを中心に。


見直すこと。

・現実的じゃない、なんてことは無視していいこと。

もともと現実、なんてないし、それは何もチャレンジしないことの言い訳にしかならないから。

・失敗から学ぶだけじゃだめ。

成功から学んで、なにが成功の秘訣だったのかを考えることも重要。
進化は過去の失敗を引きづらない。

・規模は関係ない。

世間では大きな会社(100人以上の会社とか)がいいとされるけど、それは本質じゃない。
小さくても大きくても悩みはつきない。
持続的に利益の出るビジネスを行うことが大事。


先に進む。

・自分が必要とするものをつくる。

自分が問題だと感じて、必要だと思うものをつくるときは正しい答えがわかりやすいし、同じ問題に困っている人たちは実はけっこういたりする。
自分の問題だと、問題の内容も解決の価値もよく知っている。

・外部資金の調達は最後。

外部から資金調達をすると、コントロールを失いがちだしユーザーを後回しにしてしまう。
他人のお金を使うことがくせになるのもだめ。
投資家はすぐに戻ってくると思っているけれど、そういうサービスは長期の持続性は見込めない。

・必要なものは意外と少ない。

ほんとうに必要なものはなにか、を見極めることが大事。
質素だから悪いということはない。

・売却するつもりのビジネスは廃却される。

最初から手放すことを考えて始めたビジネスでは、優先順位がおかしくなる。
出口戦略ではなくて、長期にわたってどう関わっていくかの戦略が必要。
売却にこだわると、ユーザーではなくて買ってくれる人のことばかり気になって間違った方向に進むことも考えられる。


進展。

・制約を受け入れる。

時間だったり、お金だったり、人脈だったり。
少ないから、足りないからと言って嘆いちゃだめ。
あるものでなんとかしなければならなくなると、創造性もうまれる。
できることを考えることが大事。

・初めのうちは細かいことを気にしない。

まず最初のうちは大枠から始める。
最初に細かいところを気にしようとしても、実際につくりはじめてみなきゃ気がつけないところもたくさんある。
ほんとうに足りないのはなにかに気がついたときに、ディティールに目を向けるとき。

・決断をして前に進む

決断を積み重ねる流れをつくると、モチベーションも高まる。
あとで決めることを積み重ねることはできないけれど、決断したことを積み重ねることはできる。
モチベーションがあって勢いがあるうちに、決断して前に進む。

・ツールよりも中身。

本質ではなく、使うツールとか細かいテクニック、豪華なオフィスとかに目がいってしまってはだめ。
ほんとうに大切な、ユーザーを増やすこと、利益を増やすことに目を向けなければいけない。
すでに持っているものや安く手に入るものをフル活用して、持っているものでやっていく。

・いま始める。

「いつやるの?いまでしょ」ってフレーズありましたよね。それ。
商品やサービスを完成した!と思ったときに出すのではなくて、それよりももっと早い段階で外に出すべき。
立ち上げのためにどうしても必要なものからつくっていって、詳細はあとから。
追い込まれてみると、意外にいま必要ではないものが多かったりする。


生産性。

・やめたほうがいいものを考える。

なぜそれを行うのか、どんな問題を解決してどんな価値を与えるのか、役に立つのか、もっといい方法はないのか、、などなど。
自分がほんとうに大事な仕事ができているのかを、考え直してみるといい。

・小さな勝利を手にいれる。

モチベーションを保つためにも、大きな目標を達成するにしても、毎日の小さな目標を達成して積み重ねていくといい。
いいニュースを積み重ねていくと、チームの士気を吹き込むことができるし、ユーザーに熱中するものを与えられる。

・長すぎるToDoリストは終わらない。

終わらない長いリストは罪悪感しかうまない。
やらなきゃいけないことがたくさんあるのに変わりなくても、整理して素早く対応できるようにするとよい。


競合相手。

・真似しない。

確かに模倣は学習のプロセスの一部。
でも模倣してしまうと、理解することをしなくなる。
それにいつまでもオリジナルに追いつけない。
影響を受けることはいいことだけれど、盗んじゃダメ。

・競合相手以下のことしかしない。

相手よりも一つ上をいかなきゃいけない決まりはない。
ずっとこのことを考えているといつか行き詰まる。
相手より少なくして、簡単な問題をしっかりと片付けて、やりすぎずに。
できることに注力して、誇ることが大事。


書いてあることはシンプルで、すごくわかりやすくて読むのはけっこう早く読めたのですが、ちゃんとほんとうに理解した、と言えるかがわからなくて3回ほど読み返しました。
ただ、社長の秋山さんや飯高さんとか、会社の人に当てはめて考えてみるとわかりやすくて、あの人のこういっていることはこれだ!ということがたくさんありました。
だからって完璧に理解してできる!とは言えないけれど、とりあえずメモしておきたいと思って書いておいたことはいつでも頭にあるようにしておきたいなーと思います。

締め。

ちょっとダイエットしようかと思っているのですが、クリスマスとかお正月とかきちゃうんですよね、、、。
そんなこと言っているうちはダイエットなんてできないのもよく知ってるのですがw、まあぼちばちやろうかなーと思います。
年末年始は誘惑だらけですが、年明けに会社にきて、あれ、だれ!?と言われないようにしなきゃなーと思います。。
ではまた明日。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事

この内容で送信します。よろしいですか?