床と平行に生きたい。

こんにちは。こんばんわ。
きららです。月曜ですがブルーマンデーに襲われませんでしたか?
わたしはもうばっちり襲われました。。。ねむたい。。。
まだまだ記事を書くのに慣れず(慣れてたら早すぎるか)、眠たいと言いつつあたふたしてます。

今日はいつものように記事編集をしました。就活生の面接対策について。
自分の就活は、結局basic一本でした。志望理由は、basicの自分の名前の入った名刺が欲しかったから。あほかって感じですが、面接のときもずっとこれを言ってました。色々並べても全部自分の言葉じゃないように感じて、これしか言えず。。
野生の勘ですね。

そんな感じで今日のきららの気になりポイント。
▶︎スマホ利用時の首の負担は通常の5倍!肩こりや腰痛を生む仕組みとは?
この記事からちょっと。肩こりや腰痛って現代人から切っても切りはなせないものですよね。わたしも彼氏もいつも悩まされています。彼氏に至っては、痛すぎて気分悪くなってしまうこともしばしば。
この記事では、人間が床と垂直に生きている状態を前提としていますが、わたしはそもそも人間が床(地面)と平行に生きる道を選べば、肩こりや腰痛に悩まされることも少なかったのではないかなーと思っています。
だって寝転がるとちょっと楽になりませんか?床に垂直に生きていると重力を点で受けているかんじですが、寝転がると面でうけるから力が分散されますよね。そういうこと。

で、この記事から何を言いたかったかというと、スマホの使用による病気について。
紹介する全ての病気に言えることですが、スマホだけが原因だとは思いません。日々の生活の癖ももちろんあると思います。
ただ、主な原因としてスマホの使用も考えられる、ということです。

ストレートネック

長時間下を向いていることで、もともとS字カーブの首の骨が真っ直ぐになってしまう病気です。頭痛や肩凝り、めまい、吐き気などの症状に襲われます。
根本的な解決法はありませんが、タオルで引っ張ったり、首や肩甲骨をよく動かしてマッサージをすること、スマホやパソコンを使う時間を減らすことなど心がけましょう。

テキストサム損傷

スマホを特定の指にのせて使い続けることで指が変形してしまう病気です。これはスマホの持ち方を固定せずに常に持ち帰る、使用時間を減らすなどでだんだん解決されるようです。

VTD症候群

スマホやPCの画面をみると気分が悪くなったり頭痛がしたりする病気です。これは食欲不振や、抑うつ症状などの心の症状も引き起こします。遠くの景色をみたり、デスクトップを変えたり、スマホやPCに触らない日をもうけたりなどを心がけましょう。

なんで今日これなのかって、RSSを見ていたらこの記事を見つけて、ちょうど昨日、猫と床に転がりながら、床と平行になって生きたい。。。とか考えていたからです。スマホやPC抜きの生活を送る人は現在ではそういないでしょう。だからこそ、体の不調には気をつけてほしいなと思います。

締め。

入社するまで、猫たちと同じ生活をしていた時期があったのですが、懐かしくてまたやりたくなってます。猫たちともっと遊びたい。うちの猫は2匹とも世界中のどんな猫よりかわいい!
ではまた明日。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事