オウンドメディアを詳しくみてみよー。

こんにちは。こんばんわ。きららです。
8月ももう終わりですね。いい気温。
これくらいの気温が一番好き。
ちょっと肌寒いかなーくらいが気持ちいいですよね〜。
もう今年あと3ヶ月です。
早いもんだ。。。
年々早くなっていってる気がします。

そんな感じで今日も記事執筆をしました。
お題はMicrosoft Officeのについてです。
Officeのツールってビジネスには欠かせませんが、わたしも結構苦手です。
意外と分かりにくくないですか?
慣れちゃえば早いのだろうけど。。
そういえば、4月の研修の時にプレゼンをする課題があったのだすが、まだPowerPointが使い慣れていなかったので、同期8人の中でひとりだけ手書きの紙芝居、しました。。。
懐かしい。
絵のクオリティは、みなさんがいつも目にしているアイキャッチ画像の通りですw

では今日のきららの気になりポイント。

オウンドメディアってなんだ。

トリプル戦略の記事トリプルメディア戦略。三角の関係性ってなだろう。でも、オウンドメディアについては触れましたが、さらに詳しくみていこーということです。

まずオウンドメディアの説明を簡単にもう一度。
オウンドメディアとは、自社が所有するメディアのことです。
自社と社外との接点の中心となります。
オウンド目でぃあを構築することのメリットは、コンテンツを自由に作れること、企業側が感染にコントロールできることです。
反対にデメリットは、ペイドメディアやアーンドメディアに比べて、多くの人に訴求することがなかなか難しい、ということです。

ではここから、オウンドメディアを詳しく見ていきましょー。


まず自社サイト。

オウンドメディアにおける起点となるWebサイトです。
企業名を検索したら、だいたいの場合一番最初にでてくる、あれです。
自社サイトで、企業がどのようなことをしているのかや、どのような想いで事業を行っているのか、サービス紹介など、社外にむけて発信したいことをわかりやすく伝えるために作成されます。

ベーシックのWebサイトだと、このページにあたります。
basic

次は、自社のサービスサイト。

このWebサイトは、特にサービスや商品など、プロダクトに特化して作成されます。
このサービスサイトを閲覧しているユーザーは、導入を検討していると考えられるので、有料な見込み顧客である可能性が高いです。
ランディングページのように、コンバージョンポイントがついていると、コンバージョンする可能性がぐっと高まります。

例えば、ベーシックで提供している、HomeUp!というツールのサービスサイトはこのページにあたります。
Home Up!

続いて、自社開催のイベント。

自社が主催となって開催するイベントも、情報を発信しているという観点で考えると、オウンドに含まれます。
わざわざイベントに訪れてくれるユーザーは、かなり有料な見込み顧客だと考えてよいでしょう。
優良な見込み顧客と直接接点を持つことができるので、サービスの強みだったり、ちょっとした開発秘話とはも話せて、コンバージョンにつながる確率はかなり高いです。

全く買う気がないのに、わざわざ他の会社のイベントに行ったりしないでしょ?
偵察目的ならあるかもだけど。
そういうこと。

Home Up!でも、メルマガ会員の型限定でセミナーを行っていたり、相談にのるイベントなどが行われています。

お次は自社で発行している書籍やカタログなどの紙媒体。

自社で発行している紙媒体も、情報を発信しているという観点から考えると、オウンドに含まれます。
ちなみに、紙媒体とWebサイトなど、メディアの種類の垣根を越えてプロモーションをおこなうことを、クロスメディアと言います。

これはデジタルが主流になる前に主流だったPR方法です。
限られたページ数・枠内で、企業のビジョンやサービスに対する想いや、持っているスキルなど企業独自の世界観が凝縮されていました。
しかし、印刷代や流通コストなど、コストがそこそこかかってしまうのがデメリットです。

現在でも、ニッセンやディノスのカタログが届いたりしますよね?
あれです。


お次はメルマガ。

読者に向けて、自社サービスの内容だったり、お知らせだったりを配信します。
わざわざメルマガ会員登録をしてくれているので、わりと有料な見込み顧客が多いと考えてよいでしょう。
その中でも、訴求したい相手を限定して、タイトルに表記しておいたりすると、見てもらえる確率が高まります。

例えば、メールのタイトルが

①ウェディング業界の方限定!ウェディング業界に特化したコンテンツマーケティングセミナーを行います

②コンテンツマーケティングセミナーを行います

だったら、①の方が、ターゲットとするウェディング業界の方に見てもらえますよね。
そういうこと。

さくっとこんな感じ。
コンテンツとは、媒体に掲載できる情報全てのことを指します。
ユーザーの興味関心を惹くような情報を掲載して、サービスや商品などプロダクトについて理解してもらうことが大事です。
1回の訪問でコンバージョンにすぐつながる、というほど簡単ではないので、アプリのプッシュ機能だったり、メルマガを有効活用するなどして、継続的にWebサイトを訪れてもらうことがポイントです。

締め。

いい気温だなあほんと。
窓あけていると、とっても気持ちいいです。
また猛暑くるらしいけど、、もういいよ、、、。
都会はコンクリートの照り返しの、いやーな暑さだから苦手です。。
ではよい週末を。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事