心の休め方。

こんにちは。こんばんわ。きららです。
突然ですが、ギャルってなんですかね。
ギャルの定義をしっかりと応えられる方、いますか?
若くて活発な女の子、らしいけど、絶対違うでしょ。
わたしも応えられないけれど、あー、それはギャルだ!って思う見た目は想像できます。
ギャル。。。こわい。。。
いやいや人間見た目じゃなく、中身ですよね。

そんな感じで今日も記事執筆をしました。
お題は広告まわりのことで、昨日おとといのまとめのようなものです。
細かいルールとかあって、各サービスで微妙に違うので、そこの違いを間違えてしまうと出稿できない、ということはおおいにありえるので注意が必要ですね。

では今日のきららの気になりポイント。

休むってことについて。

人間やってると、体はともかく精神的にしんどくなっちゃうことってありますよね。
人間関係だったり、仕事で悩んだり、とにかく理由は色々でだと思います。
たくさんたくさん考えて、悩んで、もう心が疲れちゃって、たてなうなっちゃうってことは、誰にでもあることです。
わたしも昔、経験しました。
こういうときは休むのが一番。

今日はわたしが抜け出した方法をちょっと紹介したいと思います。
もしもわたしがまた疲れちゃった時に見返すためにも。

1.したいことをして、したくないことをしない。

休む、というと、一日中ベッドの上にいて、外に出たらだめ、というイメージがあります。
確かに、例えばインフルエンザだったらその方がいいですよね。
でも今回の場合はそういうことではありません。
もしもあなたが外に出て、海が見たいなら海に行くべきです。
体も疲れて、寝ていたいなら寝ていればいい。
お風呂に入りたくないなら、入らなくていい。
とにかく、周りの人のことは置いておいて、自分の心がしたいと思うことだけをするんです。
それがもしもほんとうに仕事なのであれば、仕事をしたらいい。
ほんとうに、で言うと仕事や勉強はしたくないとしても、何も悪いことではないので、責める必要はありません。

2.ノートとペンにぶつける。

心にわき上がってくる、色々な想いを自分の心だけにとどめておくのは酷なことです。
だからといって、誰かにその想いを聞いてもらうのも悪いしそもそも人と会いたくない。
そのようなときは、ノートに書きなぐることをおすすめします。
このときパソコンを使ってはけません。
SNSや仕事のことや、目にしたくないものを目にしてしまうから。
まっさらなノートに、誰の目も気にせず想ったままを書くと、ちょっとすっきりします。
よく部屋で一人で号泣しながら書きなぐっていました。
まだそのときのノートを捨てられずにいるのですが、たまに見返すと今に感謝できるし、そのときはなんとも想っていなかった心の声が、あたらしいアイディアにつながったりしています。

3.お薬はちゃんと飲む。

こういうときに処方される安定剤や睡眠薬、最初は飲むことに少し抵抗があるかもしれません。
でも普段、頭が痛い時に頭痛薬を飲むでしょ?
それと同じことです。
心が疲れちゃったから、元気にするためにちょっとお薬のむってだけ。
ただし、お医者さんから言われた通りに飲むことが絶対です。
わたしはその時期、荒みすぎていて、言われた量以上を飲んだり、気分がいいときは飲まなかったり、をしてしまいました。
それでいいように思えますが、こういう飲み方をしていると後々薬から離脱できなくなってしまいます。
ちゃんと言われた通りに、言われた時間にのむこと。
これが絶対です。

4.気分がいい時は誰かと話してみる。

こういうときに「大丈夫?心配だよ」とか「そんなことでどうするの、しっかりしなさい、あなたが弱いだけだ」なんて言われたら、もう傷は深くなるばかりです。
分かっているからあまり人と会わなくなってしまうのもよく分かるのですが、ちょっと気分がいいときには、理解してくれているとあなたが信頼できる人に会ってみるのもいいかも。
ひとりで考え込んでいると、闇から出てくる方法がわからなくなってしまうことがあります。
全く関係のない話をするのでもかまいません。
天気いいねーってそれだけでもいい。
誰かに会ってみてください。

5.「死」だけは考えない。

闇が深すぎて、生きているのがつらくなってしまう時もあると思います。
楽になりたい気持ちもよくわかります。
でも命を落としてしまったら、もうなにもありません。
暗い場所にいることが分かっているということは、いずれ明るい場所に行くことができます。
暗いということを認識しているということは、明るいを知っているということ。
大丈夫です、明るいことを知っているなら、そこに行きたいと望めば行くことができます。
だからどんなに絶望しても、死は考えてはいけません。
わたしも何度も考えましたが、それでも救いの道がありました。

大きくはこの5つかな。
苦しかったけれど、それでも耐えて、今があります。
仕事があって、しかもその環境にも恵まれていて、大事にしたい人がいて、その人もわたしを大事にしてくれて、将来を一緒に生きようとしてくれています。
人間をやっていくことはほんとうに大変なこと。
でも苦しみを知っている人ほど、強い人はいません。
弱くなんか、ないんです。

締め。

急になんかテイスト違うくない?って感じですが、わたしはこのブログを通して、わたしなりに誰か1人でもかまわないから、ちょっとでも元気になってほしくて。
わたし自身をさらけ出すことも必要かな、と思いました。
上辺だけでは人の心のエッセンスにはならないと思うので。
こんなわたしでも人間をやれています。
シルバーウィークですね。
みなさんにとって、いいお休みになりますように。
ではまた。

このブログについて

今年入社した2015年の新卒が、ライターになっちゃいました。毎日の業務の中で、Webマーケティングに関するその日の気になりポイントを中心に、個人的なことを織り交ぜながらゆる~く書いてます。
彼氏大好ききららが日々どんな成長をしていくのか、温かい目で見守っていただければと思います。記事内で間違いなどありましたら、ぜひ指摘してください。
お問い合わせ等はこちらまで。

▶︎kirara@basicinc.jp


ツイッターにて交流も可能です。いっぱい@をいただけるとうれしいです~。

最近の記事